こんにちは。メンタルコーチのゆきのです。

今日は「自分を悩ませる人が気になって気になって仕方ない」の解決策を書いていきます。

 

自分のことを悩ませる人、どこにでもいますよね。

わたしの場合、自分のことを悩ませる人は職場の人だったのですが、

職場の嫌な人があるとき消えたんです。

もちろん人が物理的に“パッ”と消えたわけではなく、

わたしの心の持ちようが変わりました・・・

 

なぜ消えたのか?理由を分析してみたところ

二つ理由がありました。

 

目次

1.自分の扱い方を変えた

2.俯瞰して物事を見れるようになった

 

自分の扱い方を変えたら状況も変わった

職場の嫌いな人って、ドライに考えれば

スルーしておけばいいだけの話。

職場に思い入れがない人だったら、

同僚って”同じ電車の中に乗り合わせた人”くらいの関係だと思うんです。

同じ車両に乗っている人で”迷惑な人”がいて

一瞬イラっとしてもすぐ忘れますよね。

 

わたしの場合、「スルーできたら楽だけど、でも嫌で気になる!」

「毎日会う人だから、スルーできない」

という状態が続いてたことがありました。

 

そういう時って他でもない自分が一番

自分の批判をしているんです。

 

他人からの批判が気になるとき

自分が自分の粗探しをしている場合がほとんど。

自分で自分のマイナスを探している状態。

 

自分が気にしていなければ

物理的に批判されていても

頭の中に入ってこない

気にならないんです。

 

例えば・・・

わたしは背が低いですが

背が低いことを気にしていないので

チビと言われても気にならないです。

まぁ、気にしてないので言われませんが・・・。

 

外の環境が自分の気持ちを左右するのではなく

頭の中の状態が外の環境を作っています!



自分で自分にNGをつけていると

自分がNGをつけられる状況を引き寄せる。

 

認められたかったら、まず自分で自分を認める。

 

気になって気になって仕方がない人がいる場合、

自分自身の「気になって仕方ない何か」

「許せない何か」を投影してしまっている場合がほとんど。

それが何なのかを突き止めれば、

自分を悩ます人は消えていきます。

 

俯瞰して見られるようになると自分の癖がわかる

自分が対人関係で取りがちな癖が

厄介な現状を引き寄せていることも多くて・・・

客観的に俯瞰して

鳥の目で自分を見られるようになったら

「あ、こういう対応すると厄介な状況を作っちゃうよね」と

自分の癖も見つめられるようになった。

(まだまだ完璧じゃないけど)

 

例えば、距離を置きたい女性の先輩に

たくさん💖マーク使って

今度飲みにいきましょーって自分からメッセージ送っちゃってるとか笑

そりゃ、距離を置きたいってわからんわな😂

 

まとめ

職場に嫌な人がいて困っている方

自分を悩ませる人が気になって仕方ない方

 

1)自分で自分を認めるて

2)自分を客観視できると

 

自然と自分を悩ます人は消えていきます。

自分を悩ます人に使っていた時間を

もっと自分らしく生きる時間に使っていきましょ。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です