「自分を整えたいけれど、講座に行くのもコーチをつけるにはお金がかかるし・・」

という方は多いのではないでしょうか。

 

コーチングを実践する前に私自身が取り入れて

効果的だことがあります。

講座に行ったり、コーチを付けたりしなくても

無料で行えて、

効果もすぐに出ます。

自己紹介はこちらから

💛人生のコアビリーフはこうやって作られた 〜自己紹介1〜 幼少期編💛

💚ないからの行動でも上手くいく?! 〜自己紹介2〜 中学生編💚

💜どん底な時期は飛躍するための助走期間 〜自己紹介3〜 高校生編💜

💙何事も自分を満たさないと続かない〜自己紹介4〜大学生編💙

攻撃すると(と思い込んでいた人)は自分で作り出していた〜自己紹介5〜社会人編

💖全ての土台である親子関係を改善〜自己紹介6〜番外編💖

 

私が試したことは「断捨離」

 

断捨離してお片付けすると

部屋が片付き運気が上がる!

だけでなくコングルエントな状態に近くなります。

 

■コングルエントとは?

 

コングルエントって聞き慣れない言葉ですよね。

コングルエントを日本語に訳すと一致という意味になります。

 

心理学的には、

行動

思考

感情

言葉が一致していること

 

この4つ全てが一致していると

自分の中のモヤモヤや違和感が発生しづらく

どんどん前に進め、周りからも応援してもらえる状態に。

 

逆にこの4つが一致していないと

行動していても苦しかったり

行動と感情がズレていて

合わない人ばかりに囲まれたりと

なんだかしんどい状態になってしまいます。

 

忙しいペースで働くビジネスマン・ビジネスウーマンから

頑張って働いて、結果も出ているけど

なぜか”しんどい”という声を頻繁に聞きますが

これは”思考”と”感情”が一致していないから。

 

思考では「仕事で成果を出さなければ」と考えていて

行動でもそれを実践しているけれども

感情では「実はしんどい」と感じているから

結果が出ていても自分の中がコングルエントにならず

”不一致”な状態になっているので苦しいのです。

 

■片付けでなぜコングルエントになれるのか?

 

私が実際に体験した例だと

片付けの時に水玉のブラウスを処分しました。

 

このブラウス実は「周りにいい印象を与える」

「モテそう」と思って(思考)

購入した(行動)ブラウスなのですが、

実際に着ていると「なんだか好きじゃない」

自分にはしっくりこない(感情)と思い

断捨離することになったものなのです。

断捨離することで、他人の目線では”モテそう”だけれども

自分自身の気持ちとしては”好きじゃない”ということに気づくことができました。

次回から無駄な物を買うことなく

経済的にも節約でき

無駄なゴミが発生せず

自分が心地よい状態に近づくことができました。

 

水玉のブラウス以外には、お片付けの最中に

経済学の本を断捨離することになりました。

 

この経済学の本は

「経済の知識を付けたい」と思って(思考)

購入した(行動)本だったのですが

実際には一切開かず、開こうと思っても

なんだか気が重くてのらなかった(感情)本だったのです。

 

■自分の不一致が浮き彫りになる片付け

何らかかの目的があって購入したけれど

実際には使わなかったり

自分には合わなかったりして

処分されることになるものたちをみると

自分の不一致が浮き彫りになります。

 

そうすることで

自分の心の声をより意識することができ

コングルエント(一致)が増えていきます。

 

自分の中の不一致に気づくことができ

部屋も片付き

無駄な買い物も減り

一石二鳥な断捨離!

ぜひお試しあれ

関連した記事
・ジャーナリングとは?瞑想が苦手な人におすすめな“書く瞑想”
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です