ジャーナリングという言葉を聞いたことがありますか。

 

別名「書く瞑想」と言われています。

 

やり方は至ってシンプルで

「頭に思い浮かんだことをひたすらノートに書いていく」です。

 

ジャーナリングという言葉は知らなくても、

嫌なことがあるとノートに書き出して

ストレスを発散させている人は多いのではないでしょうか。

 

そんなジャーナリングの魅力を徹底解明していきます。

 

自己紹介はこちらから

💛人生のコアビリーフはこうやって作られた 〜自己紹介1〜 幼少期編💛

💚ないからの行動でも上手くいく?! 〜自己紹介2〜 中学生編💚

💜どん底な時期は飛躍するための助走期間 〜自己紹介3〜 高校生編💜

💙何事も自分を満たさないと続かない〜自己紹介4〜大学生編💙

❤攻撃すると(と思い込んでいた人)は自分で作り出していた〜自己紹介5〜社会人編❤

💖全ての土台である親子関係を改善〜自己紹介6〜番外編💖

■ジャーナリングをするため用意するものは?

準備するものはノートとペン、ひとりになれる場所と時間。

たったこれだけ!

 

紙はノートでもルーズリーフでも裏紙でもなんでもOK

ペンも同様にご自身が気に入っている書きやすいもので。

場所は、カフェなどでもいいのですが

ネガティブな気持ちを書き出すときは

私の場合人目が気になってしまうので

自分の部屋がオススメです。

 

■メソッドや決められたテーマは?

特に決まったフォーマットやメソッドはありません。

ただただ頭の中に想い浮かんだことを書き出していきます。

ジャーナリングを行うタイミングとしては

何か気になることがあるとき

モヤモヤするとき

イライラする時などが最適

 


■ジャーナリングをやるメリットは?

■普段は蓋をしていた本音が見える

ジャーナリングを続けている人によく聞かれる質問No1が、

「書いても書いても同じ言葉しか出てこない」というもの。

 

4年間以上ジャーナリングを続けている私も実は

同じ内容の言葉しか出てこないことが多々ありました。


いや、同じ言葉しか出てこないことの方が多かったです。

 

同じ言葉でも、自分の頭の中に浮かぶかぎり、書き出し続けていると

ある時ふと「あ!自分ってこんなこと感じてたんだ」という

本音に遭遇することがあります。

 

情報の波の中で、普段自分の本音にアクセスする機会って実は少ないのです。

 

新しい情報や他の人の顔色・意見を目にする機会が多すぎて

本当は私どんな風に感じてたの?と

自分の感情に触れることって

現代社会の中では実はなかなかない。

 

書き続けていることで、

普段は隠れている本音が顔を出す。

 

本音を知ることは、現状を知ること。

 

本音なしでは今後を良くしていくこともできない。

 

例えていうならば

 

本音はカーナビで言うところの現在位置。

 

現在位置を知ることでやっと

 

これから「どこに」「どうやって」いくかの

計画を立てることができます。


■自分の頭の中が可視化できる

ジャーナリングのノートを時間がある時に

見直していると、自分を苦しめている


「コミュニケーションの癖」が見えてきて、


この癖を改善することで


ストレスを軽減させることができました。


例えばなんですが、わたしは「人からいい印象」を持たれたいと


自分の本心を伝えずいい顔ばかりしてしまう時期があったんです。


ジャーナリングを行うことで、「人から見られたい、いい印象」と


「本当の自分のギャプ」がストレスを生んでいることに気付き


その癖を少しづつ調整していきました。

 

■ジャーナルを行うときの注意点は?

■分析や反省はしなくてOK

ただただ思い浮かんだことをノートに書いていきましょう。

分析や反省をしたい場合はジャーナリングが終わってから

分析・反省の時間をとりましょう。


■綺麗な言葉でなくて大丈夫


誰に見せるわけでもないので、


綺麗な言葉で書こうとせず


自分の今思っていることを書いてね。


■字は読めないくらい汚くても無問題


誰かに見せるわけではないので


汚い字で読めなくても殴り書きでも問題ナシ。


ちなみに私が行ったジャーナリングは


後で読み返した時読めないくらい汚いです。

 

■最後に

自分の本音や癖に気がつくことができるジャーナリング。

何よりもスッキリすることができるので


ぜひお試しください。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です