完璧主義はアラサーで卒業!

頑張り屋さんが自分らしく楽しめるためのコーチング

秋山 雪乃です。

****************************

💛前回までの自己紹介はこちら💛

人生のコアビリーフはこうやって作られた 自己紹介1 幼少期編

******************************************

 

お母さんとの関係から


「自分はダメなんだ」


「ダメな自分は許してもらえない」という


セルフイメージを持つようになります。


そんな時に、学校の先生の言動を見て


「良い成績を取っていればダメな自分も許されるんだ」と思うようになり


勉強を頑張るように・・・。


これは言わば不安からの行動!

”ない”からの行動。

 


”ない”からの行動は普通上手くいきませんが

ある程度までは実は”ない”不安からの行動も

上手くいきます。

 


枯渇した状態を避けるための行動は

ある一定のところまでは強い威力を発揮します。

 

 


そのことを証明するかのように、


中学時代はバラ色の日々!

 


ただ単に上手くいっているどころじゃなく

スーパーマリオがスターをゲットした時のように絶好調!

 


勉強面では、


歴史などの得意科目はしょっちゅう満点。


数学、国語、英語など総合の順位も

300人いる同級生のなかでいつも5番以内。

 


部活では・・・


レギュラーではないものの、


たまに試合に出れると言うことで

朝練、普通練、自主練して充実の日々。

友達もたくさん。

 

 

 


そんな中学生の終わり頃


父親の転勤で、アメリカに引越しします。

 

 


この時私はアメリカにいけば、


2ヶ月くらいで英語がぺらぺらになって


アメリカ人の友達もたくさんできると思い込んでたの🤣😂!!

 


ところがどっこい現実は甘くなく


上手くい期間はマリオのスタータイムが


少しの時間で終わってしまうのと同じように


長く続きませんでした。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です