ノートに嫌なことを書き出すと

自分が何に嫌だと感じているのか

嫌な状態を客観的、俯瞰で見れる

改善策や新たな気付きが見えるのでいいと

いろんな方が仰っていますよね。

 

書いても書いても出てくる言葉は一緒!

書いても書いても嫌な感情が消えない!

 

そんなお悩みをいただきます。

 

 

 

書いても書いても

うざいとか

 

ムカつくと言う言葉しか

 

出てこなくて

 

他の言葉が出てこない

 

なかなかスッキリしないと言うあなた

 

ちょっとちょっと

そんなあなたは・・・

 

我慢しすぎ!!!

 

我慢しすぎて感情が麻痺

 

鈍感になっています!!

 

図で例えるなら上の図のような感じ。

 

 

 

他のものに覆われて本心見えないw

 

 

このまま我慢し続けると

病気になったりする可能性も。

 

うつ状態の最初の一歩は我慢しすぎだったりします。

 

我慢しすぎな人は

 

自分の感情よりも

世間体

結果

周りからの評価

周りの人を優先しすぎて

 

我慢していることすら気づいていない状態にあります。

 

ノートに今わかる範囲の感情を書き出して

可能であれば、すごく嫌なことをやめてみましょう

 

たとえば、いますぐに仕事をやめることはできないと思うけど

仕事を人の2倍くらいやってしまっているのなら

やりすぎている分を少し断ってみるとか

 

嫌いな同僚との飲み会を断ってみるとか

 

今現在感じている嫌なことをやめていくこと、

今の感情を吐き出していくことが

我慢して鈍感になった感情を取り戻す近道です!

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です