こんにちは。コーチの秋山 雪乃です。

私はめちゃめちゃ努力するのに

物事が続かない完璧主義な人でした。

 

 

物事が続かない完璧主義な努力家さんの多くは

上手くいく直前に多くの物事をやめてしまっています。

 

完璧主義”だから”続かない理由

完璧主義だから続かないなんて

一見矛盾しているように聞こえますが、

完璧主義”なのに”ではなく”だから”なの!

 

完璧主義さんの多くは昔優等生で成績が良かった人が多く、

成績が良いことや仕事ができることと自分の価値が直結しているの。

 

わたしも昔は本気で

「勉強ができる自分=OK」そうでない人はNGと

思っていました。

 

もともと「失敗しても自分が好き」と思える

自己受容感が低くて、「絶対に失敗できない」

「失敗したら周りから受け入れてもらえない」と

心の底で思っている人がほとんど。

 

だから、無意識のうちに

「失敗したら生きていられなくなる

コ・ワ・イ・ヨー」

と感じているのです。

 

自己受容感が高い人からすると

「なんて極端な!」と思うのですが

自己受容感が低い人からすると

本気で「失敗したら生きていけなくなる」なんです笑

 

表向きは失敗が怖いと自覚しているわけではありません。

ただ、潜在意識の中では失敗して

自分の価値がなくなることが怖いのです。

自分の価値がなくなるかもしれないと

思うとそれは当然怖いですよね。

 

上手くいく直前にやめてしまうその中には

失敗して自分の無価値感を感じるくらいなら

上手く行かない方が良いという潜在意識が隠されています。

 

あと、何かを始める理由も

”認められたい”からになっていて

本当にやりたいことじゃないので続かない

 

 

行動の起点

行動する理由を認められたいから

嫌われてもいいからやりたい!にシフトする。

 

認められるため、承認欲求を満たすために

何かをするのではなく

自分自身で自分を認める。

 

評価されたから自分に価値があるではなく

自分で自分を評価するから始める

 

自分の価値を自分でコントロールできないものに置かない。

 

でないとグラグラしたままの人生だよ。

一生愚痴言って他人の人生生きている人と同じだよ。

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です